商品情報にスキップ
1 4

ジョアン・ミロ

「Litografo vol.1 VIII」

リトグラフ
高さ52cm 幅67cm 奥行3cm (額寸)

売約済み

自由奔放なミロの世界観

ジョアン・ミロのカタログ・レゾネ(作品総図録)第1巻に綴じ込まれていたオリジナルリトグラフの中の1点を額装したもの。レゾネに二つ折りで収録されていたため、中央に折り目があります。
画寸:31×48.3cm


ジョアン・ミロ

Joan Miro

1893 スペイン、バルセロナ生まれ
1912 フランシスコ・ガリ美術学校に入学
1924 シュールレアリスム運動に参加
1937 パリ万国博覧会のスペイン館のために壁画を制作
1941 ニューヨーク近代美術館で回顧展
1948 マーグ画廊で個展(以降、マーグ社がミロのエージェントとなる)
1954 ヴェネツィア・ビエンナーレで国際版画大賞受賞
1959 ニューヨーク近代美術館、ロサンジェルス美術館で回顧展
1959 ユネスコ本部の壁画がグッゲンハイム財団国際大賞受賞
1962 パリ市美術館で回顧展
1966 東京国立近代美術館、京都国立近代美術館で回顧展
1970 日本万国博覧会(大阪万博)のガス館に陶板壁画を制作するため来日
1976 バルセロナに、『ジョアン・ミロ財団-現代美術館研究所』開設(通称「ミロ美術館」)
1983 マヨルカ島のパルマにて逝去

<特徴>
スペイン・バルセロナ出身の画家、彫刻家、陶芸家。シュルレアリスムを足掛かりに具象と抽象のあいだをいくような唯一無二の作品世界を築き、現在も世界的な人気を誇る。

<作品収蔵>
ミロ美術館、ニューヨーク近代美術館、ストックホルム近代美術館、パリ市立近代美術館、ハーバード美術館、スコットランド国立美術館、グッケンハイム美術館、国立西洋美術館、静岡県立美術館、彫刻の森美術館、横浜美術館 他

詳細を表示する

作品について質問する