商品情報にスキップ
1 6

HBL3

一原有徳

銅版画
高さ31cm × 幅31cm × 奥行き1.0cm (額寸)

売約済み

一原有徳だけの唯一無二の世界

1985年制作、EP版、自筆サイン
画寸:16.5cm×14cm


一原有徳(いちはらありのり)

1910 徳島県生まれ、のちに真狩に転居
1923 小樽に転居
1927 郵政省小樽地方貯金局勤務(’70まで)
1951 小樽市展に出品(以後毎年出品)
1954 全道展に出品(以後毎年出品)、石版モノタイプを始める
1958 木版版画家河野馨の指導を受け、版画制作に取り組む
1961 全道展会員
1962 東京国際ビエンナーレ展に出品
1975 道立美術館の「北海道秀作美術展」で優秀賞
1979 道立近代美術館「北海道現代美術展」で優秀賞
1981 道立近代美術館「北海道現代美術展」で道立近代美術館賞
1982 東京国立近代美術館の「近代日本の美術-1945年以降展」に出品
1987 市立小樽美術館で「一原有徳展」開催
1990 北海道文化賞
1996 地域文化功労者の文部大臣表彰
1998 北海道立近代美術館で「一原有徳・版の世界展」開催
2001 北海道功労賞
2002 武蔵野市立吉祥寺美術館で「一原有徳展」開催('11追悼展)
2010 逝去
2011 市立小樽美術館内に「一原有徳記念ホール」開設、「没後一年」展開催

<所属>
全道展会員

<特徴>
モノタイプ手法で知られる現代版画の鬼才。誰も見たことのない質感を持つ独創的な作品は、国際的にも高く評価されている。登山家、俳人としても知られる。

<作品収蔵>
市立小樽美術館、東京国立近代美術館、北海道立近代美術館、徳島県立近代美術館、武蔵野市立吉祥寺美術館、茨城県近代美術館、山梨県立美術館 他

詳細を表示する

作品について質問する