商品情報にスキップ
1 3

黄色い教会

ベルナール・ビュッフェ

リトグラフ
高さ65cm × 幅85cm (額寸)

売約済み

1928 710日パリに生まれる
1943  第二次大戦中、パリ国立高等芸術学校に入学、デッサンを習う
1944 エコール・デ・ボザールに入学。貧窮に苦しむ
1948 パリで最も権威のある新人賞・批評家賞を受賞
   バレー「部屋」の舞台美術を担当
   ドライポイントを始める。
1959 神奈川県立近代美術館で日本初のベルナール
   ビュッフェ展 「デッサンと版画」が開催。
1963 東京、京都の国立近代美術館において
   「ベルナール・ビュッフェ展、その芸術の全貌」開催。
1971 レジオン・ドヌール勲章を受章。
1973 静岡県に「ベルナール・ビュッフェ美術館」誕生。
1974 バチカン法王庁美術館のアパルタメント・ボルジャに
   現代美術コレクションの一部として大作8点が収蔵される
   フランス・アカデミー会員となる
1980 ベルナール・ビュッフェ初来日
1991 ロシアのプーシキン、エルミタージュの両美術館で回顧展
1999 フランス南部、トゥルトゥールの自宅にて死去

戦後の具象絵画の代表的な作家

硬質で鋭く太い針金のような輪郭線、モノトーンに近い色彩を特色とする独自の様式を築く

 レゾネNo.346

 限定150部、自筆サイン

 画寸:縦47cm×横65cm

詳細を表示する

作品について質問する