商品情報にスキップ
1 4

麦畑

田中針水

日本画
高さ44cm × 幅36cm × 奥行き2cm (額寸)

売約済み

麦畑の中、二人の少年が恐る恐る歩みを進める戦争画


田中針水(たなかしんすい)

1902 北海道 小樽市生まれ
1920 上京し、川合玉堂に師事
1927 帝展に入選('36にも入選)
1931 北海道美術家連盟創立に参加、会友になる
1938 新文展に出品('41にも出品)
1940 文部省主催の「紀元2600年奉祝美術展」に招待出品
1945 新潟県に疎開
1951 北海道日本画協会展に出品
1955 日展委嘱
1979 逝去

<所属>
日展委嘱

<特徴>
小樽出身の日本画家。花鳥画・人物画を得意とし、特に子供の絵が有名。「子供を描いたらこの人」といわれる画家。初期は大正のよき時代を反映した典型的な日本画を描いていたが、戦後の作品は日本画の伝統である線を抑えた洋画的な表現になった。

<作品収蔵>
北海道立近代美術館、市立小樽美術館

詳細を表示する

作品について質問する