商品情報にスキップ
1 4

佐藤勝彦

墨彩画
高さ64cm × 幅51cm × 奥行き3cm (額寸)
重量2.4kg

売約済み

いのちの讃歌、佐藤勝彦の世界

画寸:54cm×42cm


佐藤勝彦(さとうかつひこ)

1940 旧満州大連生まれ
1947 7歳で岡山へ引き揚げる
1960 無理がたたり、重度の結核になり入院。病院で友人の死に出会う。そのときから生きる喜びを知りプラス思考になる
1963 鳥取大学卒業/奈良の私立小学校の教師となり、教わるべき小学生に『物づくり』を学び創作意欲が湧く
1968 中川一政の作品展に影響を受け創作活動を開始
1974 辻村史朗に刺激され作陶も手がける
1975 文化出版局・季刊「銀花」に挿入の8万枚の肉筆画を描き話題となる/以降、猛烈な勢いで絵を描き、陶を焼き、絵つけをする
1977 森英恵第1回パリ・オートクチュール展にて衣装発表
1980 NHK教育テレビ「現代の絵師たち」に出演
1984 NHK教育テレビ「こころの時代」に出演
1991 テレビ東京・テレビ大阪・KBS京都「美に生きる」に出演/静岡県大型
観光キャンペーンポスター制作
1994 NHK BS「日本焼物紀行 私のコレクション」に出演
2003 第79回箱根駅伝公式ポスター制作
2017 逝去(77歳)

<特徴>
画壇に属さない画家として、独特の仏教観に根ざした豪放な書画を描き続けた。日本各地で1000回を超えるほどの個展を催すほか、西ドイツやフランス・パリでも個展を多数開催。小椋桂や北島三郎のCDジャケットなども手掛けている。
著書に「ありゃせん・ありゃせん」「こころの書」(文化出版局)ほか多数。

詳細を表示する

作品について質問する