商品情報にスキップ
1 6

八木伸子

油彩画 SM
高さ37cm × 幅30cm × 奥行き5.0cm (額寸)

売約済み

控えめだが存在感のある、幸せの花

1954年制作
板に油彩


八木伸子(やぎのぶこ)

1925 札幌生まれ
1944 庁立札幌高等女学校卒
1945 札幌に疎開中の三雲祥之助、小川マリに師事
1947 全道展に初出品('48奨励賞)
1948 春陽展に初出品(以後毎年出品)
1952 八木保次と結婚、上京
1953 全道展会員
1956 女流画家協会展出品(以後毎年出品)
1960 女流画家協会委員
1965 安井賞候補新人展に入選(東京国立近代美術館)
1968 北海道立近代美術館の「北海道秀作美術展」に招待出品
1971 5ヶ月間パリに滞在
1974 春陽会会員
1977 札幌へ帰郷
1990 産経新聞社主催の「現代女流美術展」に招待出品(以後毎年)
1999 札幌芸術の森美術館で「八木保治・八木伸子展」開催
2000 札幌芸術の森美術館の「中根邸の画家たち展」出品
2012 逝去

<所属>
春陽会会員、全道展会員

<特徴>
1950年代中頃、台所に身近な物を描く。1950年代末から数年間抽象的作品を描く。

<作品収蔵>
北海道立近代美術館、札幌芸術の森美術館

詳細を表示する

作品について質問する