商品情報にスキップ
1 5

糸 大八

「花影」

油彩画 F6号
高さ56cm 幅47cm 奥行6.0cm (額寸)

売約済み

無駄をそぎ落とした独特な表現が魅力

主役の花々や背景が独特のタッチで描かれていて、優しい色合いながら、しっかりとした存在感のある作品


糸 大八(いとだいはち)

1937 札幌の大通公園ホテルの長男として生まれる
1957 画家を目指して上京し、早くも横浜そごうにて第一回個展を開く
1972 渡欧、アールヌーボー展出展
1974 メキシコ遊学
1976 サロンデテ展出展など海外で活躍
1982 第二回日本画廊協会展奨励賞受賞/以降は横浜・大阪そごう、新宿京王百貨店、かさぎ画廊など個展を中心に活動
2012 逝去

<所属>
日本芸術家連盟会員

<特徴>
俳人協会員としても活躍し、著作に『青鱗集』『蛮朱』などがある。
作品は、俳人らしく、全ての無駄をそぎ落とした洒脱の域に至っているが、どことなく暖かくユーモラスな香りがあって魅力的である。
学生時代にリーダーとなって始めたイベントが、現在の札幌雪祭りのルーツと言われている。

詳細を表示する

作品について質問する