商品情報にスキップ
1 6

千葉七郎

「芒」

木版画
高さ63cm 幅42cm 奥行3cm (額寸)

売約済み

無造作に生けられたススキ、素朴で風趣ある木版画

共シール
画寸:45×35cm


千葉七郎(ちばしちろう)

  • 1919
    函館生まれ

  • 1936
    帝国美術学校入学

  • 1938
    光風会展に出品

  • 1939
    日本版画協会展に出品

  • 1942
    小樽で初個展

  • 1947
    小樽市美術展覧会の審査員

  • 1948
    国展に出品

  • 1948
    全道展で奨励賞

  • 1952
    二紀展に出品

  • 1960
    全道展会員

  • 1966
    小樽丸井で「鈴木伝・千葉七郎小さな油絵展」開催

  • 1976
    北海道版画協会会員

  • 1976
    個展「小樽の明治洋画建築」(以後、札幌と小樽を中心に継続的に個展開催)

  • 1992
    北海道新聞に「春を描く」文と絵を連載

  • 1999
    市立小樽美術館の「北海道美術の青春期1925-1945展」に出品

<所属>
全道展会員、北海道版画協会会員

<特徴>
戦後、国松登らと小樽で「茜絵画研究所」を開設、また、「小樽美術協会」の結成に参画し事務局を務めるなど、小樽市展の実現に尽力。

<作品収蔵>
市立小樽美術館

詳細を表示する

作品について質問する