商品情報にスキップ
1 5

高橋北修

「芍薬」

油彩画 F4号
高さ46cm 幅38cm 奥行7cm (額寸)

売約済み

豪華でエレガントな、美しい白の芍薬

こちらの作品は、画像と同型の新品の額縁にお入れして発送致します。
プレゼント、新築祝い等、ご贈答用としてもお選びいただけます。


高橋北修(たかはしほくしゅう)

1898 旭川生まれ
1919 上京、本郷の洋画研究所で洋画を学ぶ
1924 関東大震災に会い帰郷
1925 道展創立会員
1931 帝展に入選 ('33、'34)
1937 新文展に入選 ('38、'40)
1941 創元展に初出品
1944 創元会会員
1945 全道展創立会員
1948 第1回旭川市文化賞
1962 脳溢血で右半身不随、以後左手で制作
1968 北海道文化奨励賞
1969 北海道立近代美術館の「北海道秀作美術展」に招待出品('75まで)
1973 拓銀カレンダーの原画「大雪山」制作
1977 画業60年回顧展、作品集刊行
1978 胃ガンで死去(80才)
1987 北海道立近代美術館の「美術北海道100年展」に出品
1989 北海道立旭川美術館で「ヌッタクカムシュッペ・高橋北修展」開催
2003 北海道新聞社編の「画集北海道・海のある風景」に作品掲載

<所属>
道展創立会員、全道展創立会員

<特徴>
関東大震災に会い、翌年洋画家として独立する志なかばに帰郷。旭川を中心に活躍し、道展・全道展の創立会員として北海道の美術に貢献する。明快な輪郭と輝く色調は、晩年に至って、描材の質感と筆触を重視した重厚な表現主義的画風へと変わっていった。62年以降右半身不随となったが、左手で絵筆を握り続けた。

<作品収蔵>
北海道立近代美術館、北海道立旭川美術館

詳細を表示する

作品について質問する