商品情報にスキップ
1 9

北岡文雄

「羅臼岳錦秋」

木版画
高さ75cm 幅61cm 奥行3cm (額寸)

売約済み

木々の緑・黄色・赤、空の青が豊かで美しい羅臼岳の秋

A.P.版、自筆サイン
1989年制作
画寸:39.5×55cm


北岡文雄(きたおかふみお)

1918 東京生まれ
1939 平塚運一から木版画を学ぶ
1941 東京美術学校油画科卒
1943 日本版画協会会員
1951 春陽会会員
1955 ヨーロッパに留学('56まで)
1956 帰国後妻の故郷札幌に一時滞在
1956 全道展会員
1969 北海道立美術館の「北海道秀作美術展」で賞候補賞('70)
1971 ソ連画家同盟・ソ日協会の招きで訪ソ、モスクワ東方民族博物館で個展
1978 台北市国家画廊で個展
1980 北京中央美術学院の招きで木版画講習会開催
1987 北海道立近代美術館の「美術北海道100年展」に出品
1993 北海道新聞社より「ミュージアム(13)・北岡文雄-光と風の版風景」を刊行
1993 北海道立近代美術館で「北岡文雄の世界展」開催
1997 北海道立近代美術館コレクション100選に選ばれる
1998 北海道立帯広美術館の「美術北海道20世紀Ⅰ展」に出品
2003 北海道新聞社編の「画集北海道・海のある風景」に作品掲載
2007 肺炎のため死去

<所属>
日本版画協会会員、春陽会会員、全道展会員

<特徴>
'56年フランスから帰国後、妻幽子の郷里札幌に滞在。その間北海道の版画界に大きな影響を与える。一時抽象や幻想的な版画を試みたが、'60年以降は写実を基調とした木版画を多彩に繰り広げる。また木版画を通して国際交流を図る。

<作品収蔵>
東京国立近代美術館、北海道立近代美術館、ボストン美術館 他

詳細を表示する

作品について質問する