商品情報にスキップ
1 7

一木 万寿三

「積丹」

油彩画 F3号
高さ50cm 幅45cm 奥行6cm (額寸)

売約済み

神威岬と神威岩を遠方に望む、臨場感豊かな海の風景


一木 万寿三(いちきますみ)

  • 1903
    滝川市生まれ

  • 1914
    岩橋英遠と親交を結ぶ

  • 1926
    上京し、岡田三郎助の主宰する本郷絵画研究所に学ぶ

  • 1929
    帝展に初入選

  • 1943
    山本五十六元帥の肖像画を描く

  • 1944
    江部乙に戦争疎開で戻り、以後、制作のかたわら果樹園を経営

  • 1945
    全道展創立会員

  • 1946
    一水会が会員制を創設、初代一水会会員となる

  • 1960
    札幌に居住

  • 1965
    エドウィン・ダン記念館掲額の顕彰記録画作成を依頼される

  • 1970
    赤レンガ庁舎掲額開拓記録画「札樽間道路開さく図」制作

  • 1974
    札幌時計台文化会館美術大賞

  • 1977
    北海道文化賞

  • 1981
    滝川市市政功労章

  • 1981
    石狩町で逝去(77才)

  • 1992
    札幌芸術の森美術館で「一木万寿三展」開催

<所属>
一水会会員、全道展創立会員

<特徴>
北海道の美術史には欠かせない洋画家。北海道の自然や人を題材に、風景と人物を組み合わせた平明な作品を多く描く。
妻は北海道を代表する俳人の榛谷美枝子。

<作品収蔵>
北海道立近代美術館、北海道立旭川美術館 他

詳細を表示する

作品について質問する