商品情報にスキップ
1 3

牡丹

伊東深水

水墨画
高さ84cm × 幅90cm (額寸)

売約済み

紙本・彩色(肉筆)
画寸:58cm × 64cm

伊東深水(いとうしんすい)

1898 東京都深川生まれ
1908 年方門下の中山秋湖に日本画の手ほどきを受ける
1912 第12回巽画会展に「のどか」が初入選
1914 再興第1回日本美術院展に「桟敷の女」が入選
1915 第9回文展に「十六の女」が初入選
1916 東京日日新聞・時事新報・国民新聞などに挿絵を描く
1922 平和記念東京博覧会で「指」が2等銀牌
1927 大井町に深水画塾設立
1929 第10回帝展で「秋晴」が特選、翌年永久無鑑査となる
1930 大森区池上本町に画塾を移し、朗峯画塾と改める
1932 青々会設立
1939 山川秀峰と門下を糾合し青衿会を結成
1947 第3回日展に「鏡」を出品。翌年、戦後復活第1号として日本芸術院賞受賞
1950 青衿会解散/新たに白鳥映雪、児玉希望、奥田元宋、佐藤太清らと日月社を結成
1958 日本芸術院会員推挙
1972 死去

<特徴>
日本画独特の柔らかな表現による美人画が有名。人気のあまり、戦後には多くの作品が複製版画として頒布されるようになった。

<作品収蔵>
東京国立近代美術館、山種美術館、埼玉県立近代美術館、岐阜県美術館、国立劇場、伊東近代美術館 等

詳細を表示する

作品について質問する