商品情報にスキップ
1 4

オノサトトシノブ

「無題」

シルクスクリーン
高さ28cm 幅38cm 奥行2cm (額寸)

売約済み

円と四角の奇妙な調和

自筆サイン
画寸:10×15cm


オノサトトシノブ

  • 1912
    長野県飯田市生まれ

  • 1922
    群馬県桐生市に移る

  • 1931
    津田青楓洋画塾に通う

  • 1935
    二科展に入選

  • 1937
    自由美術家協会の創立に会友として参加

  • 1941
    応召、48年にシベリア経由で復員

  • 1949
    自由美術協会会員

  • 1954
    東京国立近代美術館の「抽象と幻想展」に招待出品

  • 1963
    毎日新聞社主催の「日本国際美術展」で最優秀賞

  • 1964
    ヴェネチア・ビエンナーレに招待出品('66)

  • 1964
    グッゲンハイム国際展に出品

  • 1986
    桐生市で逝去(74才)

  • 1989
    練馬区立美術館で「オノサト トシノブ展」開催

<所属>
自由美術協会会員

<特徴>
国際的評価が高い。1955年頃から幾何学的な構成による作風を示し始め、1960年代に入り次第に絢爛たる錯視的空間を作り出す特異な画面に到達。

<作品収蔵>
東京国立近代美術館、東京都美術館、練馬区立美術館、京都国立近代美術館、群馬県立近代美術館、愛知県美術館 他

詳細を表示する

作品について質問する