商品情報にスキップ
1 5

西村計雄

「水仙」

油彩画 M6号
高さ39cm 幅56cm 奥行6.0cm (額寸)

売約済み

優しい画風に心癒される一枚

1971年制作
優しい中に、清々しい風を感じる作品です
経年による細かいヒビがみられますが、鑑賞には問題ない程度です。

西村計雄(にしむらけいゆう)

1909 北海道 共和町生まれ
1934 東京美術学校(現東京芸術大学)卒
1943 文展で特選
1951 渡仏
1953 ピカソの画商カーンワイラーのすすめでパリの画廊ベルネームジュンヌで初個展
1957 パリ近代美術館が作品買上げ
1961 パリ、マガザン・ルーブルにて藤田嗣治と2人展
1971 フランス政府より芸術文化勲章
1973 ベルギー国際展グランプリ賞/「ヒロシマ」300号が広島市の平和記念館に入る
1975 パリ、クリティック賞(パルム・ドール)
1978 フランス政府よりユーマン・プログレ勲章
1980 大阪市立美術館に大作「画家の家族」入る
1981 勲三等瑞宝章
1986 沖縄平和祈念堂に連作「戦争と平和」300号、20点寄贈
1991 共和町名誉町民
1999 共和町に西村計雄記念美術館開館
2000 死去(91才)

<特徴>
「和菓子の色」と評された色彩とたおやかな線が特徴の作品は、「東洋と西洋の美を融合した」として高く評価され、フランス政府やパリ市などにも買い上げられている。東京美術学校の同期に、岡本太郎、東山魁夷がいる。

<作品収蔵>
北海道立近代美術館、パリ近代美術館

詳細を表示する

作品について質問する