商品情報にスキップ
1 4

上村松篁

「桃花」

木版画
高さ53cm 幅67cm 奥行5.0cm (額寸)

売約済み

明るく柔らかな色彩でいきいきと描かれた品格ある花鳥画

限定200部、自筆サイン、落款
画寸:32cm×46cm
幸せを運ぶ青い鳥が描かれ、明るく穏やかな春を感じさせてくれる作品
額に少キズあり


上村松篁(うえむらしょうこう)

1902 京都市生まれ
1921 帝展に初入選('28特選)
1924 京都市立絵画専門学校卒業
1930 京都市立絵画専門学校研究科を修了
1933 帝展無鑑査
1936 京都市立絵画専門学校助教授('49教授)
1936 水明会を結成
1943 新文展委員
1947 日展審査員
1948 日本画の革新を目指し、日展を離れて創造美術を結成
1950 京都市立美術大学助教授('53年教授、'68名誉教授)
1959 芸術選奨文部大臣賞
1967 日本芸術院賞
1968 皇居新宮殿の屏風絵制作
1970 近鉄奈良駅の歴史教室壁画「万葉の春」制作
1972 京都市文化功労者
1973 京都府美術工芸功労者
1974 創画会を結成
1981 日本芸術院会員
1983 文化功労者
1984 文化勲章/京都市名誉市民
2001 逝去
2002 京都市美術館にて回顧展

<所属>
日本芸術院会員

<特徴>
現代「花鳥画」の最高峰。徹底した写実に基づく洗練された格調高い花鳥を描き、京都画壇をけん引した。美人画で知られる女流日本画家、上村松園の長男。親子二代で文化勲章受章者。

<作品収蔵>
京都国立近代美術館、京都市美術館、東京国立近代美術館、日本藝術院会館、山種美術館、神奈川県立近代美術館、奈良県立万葉文化館、愛知県美術館、福岡市美術館、北澤美術館(長野県)他

詳細を表示する

作品について質問する