商品情報にスキップ
1 10

竹久夢二

「枕屏風 寝たか寝なんだか」

木版画
高さ76cm 幅186cm 奥行2cm (額寸)

売約済み

希少性の高い、初版枕屏風

専門家によると、摺り数がかなり少なく、またほとんど残存していない、非常に希少性の高い初版枕屏風です。
寝たかねなんだか/枕にとへばまくら/ものゆた/ 寝たと/ゆた/古民謡一首

1938年頃制作
画寸:45x152cm

スレ、傷等、経年感があります


竹久夢二(たけひさゆめじ)

1884 岡山県生まれ
1901 上京
1902 早稲田実業学校に入学
1905 「文学世界」コマ絵一等
1906 東京日々新聞連載
1907 岸たまみと結婚、読売新聞社に入社
1909 絵入り小唄集「春の巻」ベストセラー
1915 女子美生、彦乃と結婚
1918 「宵待ち草」全国に流行
1931 欧米(33年に帰国)
1934 長野県富士見高原療養所で逝去(49才)

<特徴>
明治末から昭和初期に活躍した大正ロマンを代表する芸術家。夢二式美人画で一世を風靡。「宵待草」の作詞者として有名。

<作品収蔵>
竹久夢二美術館(東京都文京区)、竹久夢二伊香保記念館(群馬県)、夢二郷土美術館(岡山市)、京都国立近代美術館、福田美術館(京都府嵐山)、宮城県美術館、佐久市立近代美術館、笠間日動美術館(茨城県) 他

詳細を表示する

作品について質問する