商品情報にスキップ
1 5

東京風景

川西祐三郎

木版画
高さ44cm × 幅50cm × 奥行き4cm (額寸)

売約済み

空の光が印象的、レトロモダンな街風景

ニコライ堂から望む東京のビル街


川西祐三郎(かわにしゆうざぶろう)

1923 神戸市生まれ
1931 父の指導で木版画を始める
1947 関西学院大学商経学部卒
1942 日本版画協会展に初入選(以後同展出品)
1943 日本版画協会会員('02名誉会員)
1943 国展に初入選(’48国画奨学賞)
1968 ピストイア国際版画ビエンナーレ展に出品
1970 以降個展開催30数回に及ぶ
1971 国画会会員
1981 神戸ポートピアで記念制作他、記念切手、ハガキ、ポスターを制作
1985 神戸市文化賞受賞
1995 兵庫県文化賞受賞
2014 逝去(90歳)

<所属>
国画会会員、日本版画協会名誉会員

<特徴>
神戸の創作版画を確立した版画家、川西英の三男。父の木版技法を継承しながら、墨版を巧みに取り入れるなど独自の表現を打ち出し、父とは対照的に静穏な世界を作り出した。

<作品収蔵>
東京国立近代美術館 、京都国立近代美術館、国立国際美術館、姫路市立美術館、神戸市立博物館、ホノルル美術館 他

詳細を表示する

作品について質問する