商品情報にスキップ
1 4

国松 登

「月夜の森」

リトグラフ
高さ39cm 幅46cm 奥行2cm (額寸)

売約済み

満月の夜の下、動物や鳥、人が集う

限定100部、自筆サイン
画寸:23.5cm×30.5cm


国松 登(くにまつのぼる)

1907 函館生まれ
1935 帝国美術学校(武蔵野美術大学)西洋画科卒
1942 国画会会員
1945 全道展創立会員
1959 北海道文化賞
1970 道庁より依頼され開拓記録画「鰊漁の盛況」制作
1977 札幌市民芸術賞
1979 勲五等瑞宝章
1985 道立近代美術館で「風磨の心像-国松登展」開催
1986 北海道新聞社文化賞
1988 北海道功労賞、JR札幌駅西側コンコースにステンドグラス制作
1989 読売新聞社主催の日本秀作美術展に招待出品
1994 札幌で逝去(87才)
1997 道立近代美術館29点、真狩村国松登ギャラリー11点収蔵
1997 北海道立近代美術館コレクション100選に選ばれる
2003 北海道新聞社編の「画集北海道・海のある風景」に作品掲載

<所属>
国画会会員、全道展創立会員

<特徴>
三岸好太郎に師事。個性的な色彩と新鮮な造形感覚で、北の大地を抒情的、幻想的に描いた、北海道画壇を代表する画家。

<作品収蔵>
北海道立近代美術館、北海道立函館美術館、北海道立旭川美術館、市立小樽美術館、札幌芸術の森美術館 他

詳細を表示する

作品について質問する