商品情報にスキップ
1 5

最北の秘境(知床半島)

栗谷川健一

シルクスクリーン
高さ59cm × 幅78cm × 奥行き2cm (額寸)
重量3.4kg

売約済み

秘境の美しい海岸風景

限定100部、自筆サイン
画寸:34.2cm×42cm

知床半島の海岸には急峻な断崖絶壁が屹立し、至るところで滝が流れ落ちています。その、人の近づけない場所にカモメの群れが舞う秘境の景色です。

マージン部に若干のシミあり


栗谷川健一(くりやがわけんいち)

1911 北海道 岩見沢市生まれ
1953 世界観光ポスター・コンクール(リスボン)で最優秀賞
1956 世界観光ポスター・コンクール(ウィーン)で最優秀賞
1959 北海道新聞文化賞
1972 札幌市民芸術賞
1982 北海道デザイン協議会 初代会長
1983 北海道文化賞
1986 文部大臣地域文化功労賞
1992 勲五等双光旭日章
1994 札幌芸術の森美術館で「栗谷川健一展」開催
1998 北海道立帯広美術館の「美術北海道20世紀Ⅰ展」出品
1999 肺炎のため逝去(88歳)

<特徴>
映画配給会社に籍をおくなどしてデザイナーとして活躍し、戦後は独立。
東京、札幌オリンピックのポスターや道章、道旗のデザイン、開道100年記念式典全般のデザインなど、公共性の高い分野の仕事を手掛ける。
北海道の雄大な自然や牧歌的な風物をテーマにした独自の詩情をたたえた作品が多く、「北海道をデザインした男」と呼ばれる。

<作品収蔵>
北海道立近代美術館、北海道立帯広美術館

詳細を表示する

作品について質問する