商品情報にスキップ
1 6

佐藤 進

「川辺の風景」

水彩画 F6号
高さ49cm 幅58cm 奥行5cm (額寸)

売約済み

勢いよく生い茂る川辺の草木たち


佐藤 進(さとうすすむ)

1914 士別市生まれ
1935 北海道旭川師範学校卒
1938 道展に初入選('43長官賞)
1946 日展に初入選
1947 道展会員
1952 北海道学芸大学旭川分校の非常勤講師('60まで)
1956 一水会会員('83委員)
1967 一水会展で会員佳作賞('75会員優賞)
1975 旭川市文化賞
1976 日展会友
1978 水彩秀作20人展出品
1979 北海道現代美術展作品選定委員('80、'81)
1980 日展で特選('81無鑑査)
1981 文化庁現代主催の「現代美術選抜展」に招待出品
1981 北海道拓殖短期大学教授('84まで)
1992 逝去(78才)
1996 北海道新聞社編の「北海道を描く」に作品掲載
1997 北海道立旭川美術館の「開館15周年記念所蔵名品展」に出品
1997 北海道立旭川美術館で「佐藤進展」開催
1999 市立小樽美術館の「北海道美術の青春期1925-1945展」に出品

<所属>
一水会委員、道展会員、日展会友

<特徴>
札幌で教員をしながら制作するが、戦後は旭川に永住する。北海道を代表する水彩画家の一人。現場主義を信条に、光を映し、風に揺れる緑の木々とともにひたむきに描き、「館の画家」として愛された。

<作品収蔵>
北海道立旭川美術館

詳細を表示する

作品について質問する