商品情報にスキップ
1 4

矢崎勝美

「山海」

シルクスクリーン
高さ43cm 幅35cm (額寸)

売約済み

1987年制作
限定150部、自筆サイン
画寸:25cm×16cm

矢崎勝美(やざきかつみ)

1940 札幌生まれ
1971 東京国立近代美術館の「日本アニメーション回顧展」に招待出品
1971 北海道立近代美術館の「北海道フィルム・アートフェスティバル'73展」に招待出品
1983 北海道立近代美術館の「北海道の美術'83展」に招待出品('84.'86)
1984 札幌・ポーランド版画交換展に招待出品
1987 韓国国立現代美術館の「プリントアドベンチャー'87展」に招待出品
1991 ソウル国際版画ビエンナーレ展に招待出品
1994 横浜美術館の「戦後日本の前衛美術展」に招待出品
1994 北海道立近代美術館の「札幌アヴァンギャルドの潮流展」に招待出品
1995 日本美術家連盟会員
2001 BHARAT BHAVAN国際版画ビエンナーレ審査員
2003 札幌芸術賞を受賞

<所属>
日本美術家連盟会員

<特徴>
北海道における前衛アートの草分け的存在。70年代にはニューヨークと札幌を中心に映像や版画などの発表を行い、海外と北海道との文化交流おける架け橋となり、自らもアジアプリントアドベンチャー(北海道立近代美術館)などを主宰。

<作品収蔵>
北海道立近代美術館

詳細を表示する

作品について質問する