商品情報にスキップ
1 9

屈斜路湖(くっちゃろこ)

片岡球子

日本画 P15号
高さ69cm × 幅84cm × 奥行き7cm (額寸)

売約済み

美しくにぎやかに彩られた屈斜路湖と、めでたき山

1974年制作
片岡球子画集No.105所載
東美鑑定評価機構 鑑定証書
共シール、日本橋三越シール、タトウ箱、黄袋付き
北海道立近代美術館に青い山の屈斜路湖が収蔵


片岡球子(かたおかたまこ)

  • 1905
    札幌生まれ

  • 1926
    女子美術専門学校卒

  • 1930
    院展に初入選('46日本美術院賞)

  • 1952
    日本美美術院同人

  • 1961
    芸術選奨文部大臣賞

  • 1965
    女子美術大学教授

  • 1966
    愛知県立芸術大学教授

  • 1970
    道庁からの依頼により開拓記録画「函館街頭風景」を制作

  • 1975
    日本芸術院恩賜賞

  • 1982
    日本芸術院会員

  • 1986
    文化功労者

  • 1989
    文化勲章

  • 2008
    逝去(103才)

<特徴>
1966年以降の「面構」シリーズは、歴史上の人物の個性を鮮やかに表現したもので、この画家の評価を飛躍的に高めた

<作品収蔵>
北海道立近代美術館、神奈川県立近代美術館 他

詳細を表示する

作品について質問する