商品情報にスキップ
1 11

屈斜路湖初秋

相原 求一朗

油彩画 P10号
高さ59cm × 幅71cm × 奥行き4cm (額寸)

売約済み

濃く深く、吸い込まれるような静寂の屈斜路湖

1975年制作
日動画廊シール付

ヘアラインクラックがあります


相原求一朗(あいはらきゅういちろう)

1918 埼玉県生まれ
1950 新制作協会展に出品('63新作家賞、'65新作家賞)
1962 北海道を旅し北方の大自然に触れる
1968 新制作協会会員
1984 国際形象展招待出品('86まで)
1987 読売新聞社主催の「日本秀作美術展」に招待出品('88、'92、'94、'95)
1987 埼玉文化賞
1993 安井賞展選考委員
1994 NHKテレビ「土曜美の朝」に出演
1995 川越市名誉市民
1996 北海道帯広市郊外中札内村に相原求一郎美術館開館
1999 逝去(81才)
2002 川越市立美術館に相原裳求一郎記念室が設けられる
2003 北海道新聞社編の「画集北海道・海のある風景」に作品掲載

<所属>
新制作協会会員

<特徴>
1962年以来、北海道を数回訪れ強く魅せられる。晩年に至るまで北海道の自然をテーマに制作を続ける。おだやかに情感をたたえた平明な写実的表現が特色。

<作品収蔵>
北海道立近代美術館、富山県立近代美術館、埼玉県立近代美術館、彫刻の森美術館

詳細を表示する

作品について質問する