商品情報にスキップ
1 8

蓮田 修吾郎

「大雪山」

金属造形
高さ54cm 幅80cm 奥行6cm (額寸)
重量22.0kg
通常価格 ¥830,000
通常価格 ¥830,000 特別価格 ¥830,000
特別価格 売約済

(税込・送料込)

日本を代表する金属造形作家の作品

白銅レリーフ
注文制作による一点もの
作品サイズ:縦31cm×横75.5cm×厚さ1cm


蓮田修吾郎(はすだしゅうごろう)

1915 石川県金沢市野田町生まれ
1938 東京美術学校(現、東京芸術大学)工芸科鋳金部卒業
1949 日展に初入選('51特選朝倉賞、'53北斗賞、'59文部大臣賞)
1952 日展無鑑査/創作工芸協会設立に参加
1957 日ソ展招待出品作品がソ連政府買上
1961 日本芸術院賞
1961 現代工芸美術家協会設立、常務理事就任(’75副会長、'81会長、'98最高顧問)
1962 日本政府買上(西ドイツ首相とメキシコ大統領に献上)
1965 西ドイツのベルリン芸術祭使節として渡欧、中近東各国を視察
1966 紺綬褒章
1969 日展理事('74常務理事、'96顧問)
1975 東京芸術大学教授('86名誉教授)
1975 日本芸術院会員
1976 日本金属造型研究所を設立、理事長就任
1977 独日文化協会会長の招聘により欧州各地を視察
1978 金属造型作家展を創設、以後毎年西独の金属造型作家を招待して日独文化交流展開催
1981 北海道の納沙布岬に北方領土返還記念のモニュメント『四島のかけ橋』制作、以降、全国各地で野外モニュメント制作
1982 ドイツ連邦共和国功労勲章一等功労十字章
1987 文化功労者
1991 文化勲章
1992 石川県名誉県民、金沢市名誉市民
2007 鎌倉市名誉市民
2010 鎌倉市で逝去

<所属>
日本芸術院会員、東京芸術大学名誉教授、日展顧問、現代工芸美術家協会最高顧問

<特徴>
日本を代表する彫金家。金属造型の第一人者。高村豊周に師事。
青銅や白銅によるレリーフなど建築空間を飾る手法を開発するなど金属工芸の近代化に尽力。

<作品収蔵>
金沢21世紀美術館、国立工芸館 他

詳細を表示する

折りたたみ可能なコンテンツ

取扱い作品について

取り扱い作品のほとんどは制作から数年~数百年経過した、歴史ある品です。

大切に扱われてきた作品ばかりですが、中にはスレや小傷等のあるものもあります。

それらも含め、美術品であることをご理解頂き、ご覧いただけると幸いでございます。

また、取り扱い作品はすべて真作であることを保証しております。万が一、真作ではないことが判明した場合は、購入より120日以内に限り返品が可能です。

実物をご覧頂けます

すべての作品は北海道画廊 店舗で実物をご覧頂けます。

保管庫にある作品もございますので、ご希望の方はお問い合わせページかお電話にて、事前にご連絡をお願い致します。

ご注意事項・配送・返品

作品について

各作品は弊社内に一点しかございません。作品へのお問い合わせを頂いている最中に、他のお客様が購入されることもございます。ご了承下さい。

領収書

領収書の発行を承っております。ご購入の前後にご連絡頂ければ、作品に同梱いたします。

お取り置き

作品のお取り置きも承ります。お問い合わせページより、お問い合わせください。

送料

すべての作品の価格には送料が含まれています。
沖縄、離島への大きな作品の配送は別途送料を頂くことがございます。

配送

作品はご注文いただいてから通常1週間以内、大型の作品は3週間以内での発送になります。ゴールデンウイーク、夏季休暇、年末年始休暇等の期間中は、発送が遅れる場合がございます。

返品

お客様都合によるご返品はお受けしておりません。
但し、大型絵画のマークがついた作品はご返品を承ります。返送料はご負担をお願い致します。
破損品、商品違い等、弊社の責がある場合は早急に対応いたします。その際の送料、返金時手数料は弊社が負担いたします。

作品について質問する