商品情報にスキップ
1 8

ラウル・カシミール

「ミュンヘンの教会前広場」

銅版画
高さ72cm 幅56cm 奥行3cm (額寸)

売約済み

渋い色彩でスタイリッシュに描かれたドイツの重厚な建造物と街並

エッチング
画寸:44×35cm


ラウル・カシミール

Raoul Kasimir

1914 オーストリア、ウィーン生まれ/グラフィックアカデミーでハンス フランクに師事
1936 渡米、フィラデルフィアの美術アカデミーに入学
1938 従軍記者としてベルギー、オランダ、フランス、ロシアの戦線に沿って絵を描く
1945 ウィーンに戻る
1961 印刷所を開設し、自身や両親の作品の出版を開始
2002 逝去

<特徴>
別名をロバート・カシミール(Robert Kasimir)。ヨーロッパとアメリカの文化的建造物や都市風景の精密なエッチングで知られる。有名な芸術家ルイージ・カシミールとタンナ・カシミールの息子。

<作品収蔵>
ニューヨーク公共図書館、イエール大学 他

詳細を表示する

作品について質問する