商品情報にスキップ
1 5

藤田嗣治

「イメージとのたたかい(面影との闘い)」

リトグラフ
高さ44cm 幅55cm 奥行3cm (額寸)
重量2.0kg

売約済み

藤田嗣治の挿絵とフランス戯曲界の巨匠による秀逸なレイアウト

挿画本「イメージとのたたかい」の中の見開きページを額装したもの。
(ジャン・ジロドゥー著、藤田嗣治 挿画、1941年刊行、限定1100部)

*「イメージとのたたかい」は、フランス戯曲界の巨匠ジャン・ジロドゥーが、藤田嗣治の水彩画〈眠る女性〉に惚れ込み、その1点の絵のそれぞれ違った部分を繰り返し用いてデザインした挿画本。テキストと挿絵が調和し洗練された美しさに仕上がっていて、藤田自身もこの本には愛着があったと言われている。


藤田嗣治(ふじたつぐはる)

1886 東京生まれ
1910 東京美術学校卒
1913 フランスに渡る
1919 サロン・ドートンヌ会員
1934 二科会会員
1941 帝国芸術院会員
1943 朝日文化賞受賞
1955 フランスに帰化、のちにレオナール・フジタと改名
1957 レジオン・ドヌール勲章
1959 ベルギー王立アカデミー会員
1968 チューリッヒで死去

<所属>
サロン・ドートンヌ会員、帝国芸術院会員、二科会会員

<特徴>
日本生まれのフランスの画家・彫刻家。
猫と女を得意な画題とし、日本画の技法を油彩画に取り入れつつ、独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などで西洋画壇の絶賛を浴びた。
エコール・ド・パリの代表的な画家の一人。

<作品収蔵>
東京国立近代美術館、パリ国立近代美術館、北海道立近代美術館 他

詳細を表示する

作品について質問する