商品情報にスキップ
1 6

モーリス・エステーヴ

「アラリト」

リトグラフ
高さ55cm 幅44cm 奥行2cm (額寸)

売約済み

青と黄色のコントラストや配分が美しく、目を愉しませてくれる

Alalito
限定800部
画寸:32×24cm


モーリス・エステーヴ(もーりす・えすてーヴ)

Maurice Esteve

1904 フランスの町キュラン生まれ
1913 両親とともにパリに移住
1920 この年代にルーブル美術館を訪れ感銘を受ける
1930 パリで初個展開催
1954 ヴェネツィア ビエンナーレ出品
1957 スイス・ベルリンコートにある教会のステンドグラスをデザイン
2001 故郷のキュランで逝去

<特徴>
ポール・セザンヌに最も影響を受ける。20代は写実主義だったが、徐々に抽象表現に移行し、30代後半には完全に抽象的なものとなり、豊かで大胆な色彩、構成で描くようになった。

詳細を表示する

作品について質問する