商品情報にスキップ
1 6

ポール・ギヤマン

「花とヴァイオリン」

リトグラフ
高さ71cm 幅90cm 奥行3cm (額寸)

売約済み

淡い赤色が優しい雰囲気の作品

H.C.版、自筆サイン
画寸:45.8×65.5cm


ポール・ギヤマン

Paul Guiramand

1920 フランスのサン・カンタンに生まれる
1945 パリ国立美術学校に入り、ブリアンションに師事
1952 ローマ大賞を受賞、イタリアに滞在
1954 サロン・ドートンヌ、サロン・ド・メ、青年絵画展などに出品し、種々のコレクションに加えられる
1956 エコール・ド・パリ展で注目を浴び、フランス政府買い上げを受る
1957 マントン・ビエンナーレ展、マルボロ賞展(ロンドン)受賞
1958 パリ市買い上げを受ける
1959 シカゴの現代巨匠展に参加
1962 ジュネーブ、シカゴで展覧会(個展)を開き、アメリカに滞在
1963 メキシコに滞在し、カミュの時事評論集に挿画を描く
1964 ヘミングウェイの短編集に挿画を描く
1967 アポリネールの詩集「アルコール」に挿画を描く
1968 東京、名古屋、大阪、福岡で展覧会開催のため来日
1969 東京、名古屋、大阪、福岡で展覧会開催のため来日/以降、たびたび来日し、展覧会を開くたびに好評を博す/ホテルニューオータニの大壁画も有名
2008 12月、パリにて逝去、モンパルナスの墓地に眠る

<特徴>
1958年以降メキシコ、モスクワをはじめ欧米各地で個展を開催。
官能的な赤と青を主体とする鮮やかな色彩で、馬やバイオリン、女性像などを表現し、機知に富んだ色面構成に特徴があり「色彩の魔術師」と称される。

<作品収蔵>
パリ市立近代美術館、シカゴ・アート・インスティテュート 他

詳細を表示する

作品について質問する