商品情報にスキップ
1 5

川上澄生

「美人と洋燈」

木版画
高さ33cm 幅29cm 奥行3cm (額寸)

売約済み

文明開化の時代を生きる日本女性の佇まい

限定100部、吾八版創作版画
画寸:15.5cm×11cm


川上澄生(かわかみすみお)

1895 横浜生まれ
1916 青山学院高等科卒
1917 カナダ・アメリカ・アラスカを放浪('18に帰国)
1921 県立宇都宮中学校の英語教師('42まで)
1928 日本創作版画協会会員
1930 国展に出品
1931 日本版画協会創立会員
1943 国画会会員
1945 北海道に疎開、全道展創立会員('49まで)
1949 宇都宮女子高校で講師
1949 第1回栃木県文化功労賞
1959 版画に専念
1972 宇都宮の自宅で心筋梗塞ため逝去(77才)
1992 鹿沼市に川上澄生美術館開館
2001 北海道新聞社編の「画集北海道の山」に作品掲載

<所属>
国画会会員、日本版画協会創立会員、全道展創立会員

<作品収蔵>
北海道立近代美術館、東京国立近代美術館

詳細を表示する

作品について質問する