商品情報にスキップ
1 6

中村善策

「知多の海」

油彩画 F3号
高さ37cm 幅42cm 奥行7cm (額寸)
重量3.0kg

売約済み

愛知県西部、知多半島周辺の穏やかな海

木々の向こう側に見えるのは、手漕ぎ舟と二艘の帆掛け船が浮かぶ、青々として穏やかな知多の海。

板に油彩


中村善策(なかむらぜんさく)

1901 小樽生まれ
1923 三浦鮮治、兼平英示らと太地社結成
1924 上京、川端画学校に通う
1925 道展創立会員
1925 二科展に初入選('36特待)
1937 第1回一水会展で一水会会員
1962 安井賞選考委員
1964 札幌大谷短期大学教授
1966 紺綬褒章/小樽市民会館内に「中村善策記念ホール」開設
1967 日展で文部大臣賞
1968 日本芸術院賞を受け日本芸術院買上
1970 道庁からの依頼により開拓記録画「畜産の導入」を制作
1978 勲四等旭日小綬章
1978 北海道立近代美術館で「風景との対話・中村善策展」開催
1980 日展参事
1983 東京で逝去(81才)
1984 市立小樽美術館で「中村善策展」開催
1987 北海道立近代美術館の「美術北海道100年展」出品
1988 市立小樽美術館に「中村善策記念ホール」開設
1990 北海道新聞社より「ミュージアム(10)・中村善策-風景との対話」を刊行
1997 北海道立近代美術館コレクション100選に選ばれる
2000 札幌芸術の森美術館の「中根邸の画家たち展」に出品
2003 北海道新聞社編の「画集北海道・海のある風景」に作品掲載

<所属>
日展参事、一水会運営委員

<特徴>
豊かな色彩感覚と堅固な構図による重厚な作品で高い評価を受ける。日本洋画壇の重鎮で、風景画の第一人者

<作品収蔵>
東京国立近代美術館、道立近代美術館、文部省

詳細を表示する

作品について質問する