商品情報にスキップ
1 9

大月源二

「白樺のある雪景」

油彩画 F6号
高さ49cm 幅58cm 奥行5cm (額寸)

売約済み

雪に覆われた大地と白樺の木、遠くには北海道の屋根の色

1949年制作
画集掲載作品


大月源二(おおつきげんじ)

1904 函館生まれ
1908 父の仕事の関係で小樽に転居
1910 稲穂尋常小学校入学
1927 東京美術学校卒、同期に小磯良平、荻須高徳
1928 友人小林多喜二の小説「蟹工船」のカット絵を手がける
1929 歴史的名作「告別」、山本宣治の労働葬を描く
1929 日本プロレタリア美術家同盟の結成に参加
1931 小林多喜二の新聞連載小説「新女性気質」の挿絵を描く
1943 新文展で特選
1943 一水会展で一水会賞
1944 色内の佐藤商店に嫁いだ姉を頼って小樽に疎開
1946 一水会会員
1946 日本美術会創立会員
1947 仁木町に疎開、リンゴ園農家になる
1948 小樽市海港50周年港祭美術展覧会に出品
1954 洞爺丸台風で自宅が倒壊手稲に居を移す
1961 現代日本美術展で訪ソ、帰国後レーピンを紹介
1971 慢性気管支炎で逝去(67才)
1983 市立小樽市美術館で「大月源二展」開催
1987 北海道立近代美術館の「美術北海道100年展」出品
2000 創風社より「画家・大月源二-あるプロレタリア画家の生涯」を刊行
2003 市立小樽市美術館の「生活派の画家たち展」に出品
2004 市立小樽美術館で「生誕100年-大月源二展」開催

<所属>
日本美術会創立会員、一水会会員

<特徴>
山本宣冶の葬列を描いた「告別」は、プロレタリア絵画の代表作。林多喜二との交友も知られている。

詳細を表示する

作品について質問する