商品情報にスキップ
1 8

小島 真佐吉

「山・秋・牛」

油彩画 F6号
高さ57cm 幅48cm 奥行6cm (額寸)

売約済み

陽のあたる山に一頭の牛、秋の草原を堪能する朗らかな一枚

空の部分にヘアクラックがあります


小島真佐吉(こじままさきち)

1914 山形県生まれ、のちに小樽に転居
1928 裸童社研究所で三浦鮮治に師事
1932 道展に入選('46雲井賞)/上京
1935 川端画学校修了
1937 二科会会員栗原信に師事
1939 二科展に初入選
1943 銀座画廊で初個展開催
1943 白日会会員(のちに退会)
1946 日展に入選('47入選)
1947 全道展会員
1952 二紀展に出品('55同人賞、'77鍋井賞、'83文部大臣賞)
1952 二紀会同人('56委員、'85評議員)
1964 北海道立美術館の「北海道秀作美術展」に招待出品('72まで)
1977 北海道立近代美術館の「北海道現代美術展」に招待出品
1981 北海タイムス創刊35周年記念画集「北海道百景」に作品掲載
1981 紺綬褒章/小樽市民ギャラリーで近作展開催
1986 東京で逝去(71才)
1999 市立小樽美術館の「北海道美術の青春期1925-1945展」に出品

<所属>
二紀会評議員、全道展会員

<特徴>
白日会を退会し二紀展に出品を始めたころから、牛をモチーフに描くようになる。牛との出会いは、幼い頃住んでいた北海道の長橋である。人の心の裡を窺うような瞳の牛たちと北海道の風景という2つのモチーフが、キャンバスの上で浮かんだりあるいは沈んだりしながら、幻想的な世界をつくりだしている。

詳細を表示する

作品について質問する