商品情報にスキップ
1 6

宮永岳彦

「エンジの女」

リトグラフ
高さ73cm 幅62cm 奥行4cm (額寸)
重量3.5kg

売約済み

落ち着きを持った華やかさ、意思の強い洗練された女性

限定200部、自筆サイン
画寸:51cm×42cm


宮永岳彦(みやながたけひこ)

1919 静岡県生まれ
1936 名古屋市立工芸学校卒
1942 二科展に初入選、正宗得三郎に師事
1947 二紀創立展で褒賞('74菊華賞)
1950 日本宣伝美術協会創立に参加
1957 二紀会委員('72理事、'86理事長)
1960 世界観光ポスター展で最優秀賞
1963 講談社第4回挿絵賞
1973 丸井今井の「現代洋画俊英作家新作展」に招待出品
1974 サン・フランシスコ最高勲章グラン・クルース章
1979 日本芸術院賞
1986 紺綬褒章受章
1987 東京で逝去(68才)、勲三等瑞宝章

<所属>
二紀会理事長

<特徴>
流麗な線と華やかな色彩を特徴とし、 “鹿鳴館シリーズ” など華麗な婦人像で人気を集める。『ぺんてるくれよん』のパッケージ(向かい合う男の子と女の子)や『小田急初代特急ロマンスカー』の内外装のデザインも手がける。また、昭和の皇太子夫妻の肖像画でも知られる。神奈川県秦野市に「宮永岳彦記念美術館」。

詳細を表示する

作品について質問する